So-net無料ブログ作成
検索選択

ダウンロード、キャッシュフロー表 [キャッシュフロー表]

エクセルで作成したキャッシュフロー表です。

定年後の皮算用で作りました。




使用上の注意 決まり文句ですが:いかなる責任も負えません。



エクセルはマクロ無しで作成しようとしましたが・・・


計算式(関数)では自分のセルしか値を設定できません。


かといってマクロ付きのエクセルはセキュリティを考えると


ダウンロードする人はいないと思います。


このためマクロは以下のテキストをコピーして登録としました。


Microsoft Excel 2016 (最新)|オンラインコード版|Windows版

Microsoft Excel 2016 (最新)|オンラインコード版|Windows版

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: Software Download


Sub datacopy()
'
'
'   「全体シート」から指定された行を「所得税シート」に3行分コピーします。
    Sheets("所得税").Select
    y = Range("H11")
   
    Sheets("全体").Select
    Range(Cells(y, 1), Cells(y + 2, 35)).Select
    Selection.Copy
    Sheets("所得税").Select
    Range("A5").Select
    Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
        :=False, Transpose:=False

    '現在の画面(所得税シート)に計算した所得税と地方税を設定します。
    shotoku = Range("F14") '所得税の設定
    chihou = Range("F17")  '地方税の設定
    Range(Range("AF25")) = shotoku
    Range(Range("AH25")) = chihou

    '所得税を設定した場所が目立つようにコピーで目立たせます。
    Range(Range("AF25")).Select
    Selection.Copy
    Range(Range("AF25")).Select
    Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
        :=False, Transpose:=False
       
    '「全体」シートの該当セルに計算した所得税と地方税を設定します。
    y2 = Range(Range("AF25")).Row
    x2 = Range(Range("AF25")).Column
    y3 = Range(Range("AH25")).Row
    x3 = Range(Range("AH25")).Column
    Debug.Print "x " & x
    Sheets("全体").Select
    Cells(y + y2 - 5, x2).Value = shotoku   '所得税の設定
    Cells(y + y3 - 5, x3).Value = chihou    '地方税の設定
   
    Sheets("所得税").Select
    Range("H11").Value = y + 1
End Sub







マクロの登録方法 Excel2016


開発タブがない場合 ファイルタブ → オプション 

1012option.png



リボンのユーザ設定 → メインタブ → 開発 → をチェック → OK

1013ribona.png


開発タブ → Visual Basic 

1014kaihatu.png



Sheet8(所得税)を選択 → マクロをコピーしてをペーストします。 → ファイルを押します。

1015source.png




次の機能はマクロ無しのブックには保存できません。 で いいえ を選択します。

1016vbno.png




ファイルの種類を Excelマクロ有効ブック(*.xlsm) にしてファイルします。


1017filewrite.png




いったんエクセルを全部終了させます。


ファイルした LPCashflow.xlsm を開きます。

セキュリティ警告が出た場合は コンテンツの有効化 をクリックします

1018kontentuyuukou.png




計算 の枠を選択 → 右ボタンで マクロの登録 を選択します。

1019macrotouroku.png




登録されているSheet.datacopy を選択し OK

1020macrotourokuok.png



以上でマクロが登録されます。



キャッシュフロー表をエクセルで作成しはじめました。 [キャッシュフロー表]

まだ年金をもらえる齢ではないのですが定年になります。


キャッシュフローが心配なので、エクセルで作成することにしました。


Microsoft Excel 2016 (最新)|オンラインコード版|Windows版

Microsoft Excel 2016 (最新)|オンラインコード版|Windows版

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: Software Download


1003shuunyuu.png


ですが、各種の条件が調べきれません。


税金(所得税、地方税、住民税)、
国民健康保険料
各種の控除

・・・・  自分でエクセルで計算させようとするのは無謀でした。


ここでは自分で調べた内容を備忘録しています。正しいかどうかも心配なのですが。


とりあえず配偶者控除は判断しました。
配偶者特別控除、などは考慮していません。


大まかに  貯金 + 年金 - 支出 を計算して足りるか? ですので


貯蓄 と 年ごとに 収入 、 非消費支出 、 消費支出 、イベント資金
を求めれば足りるかどうかわかります。


収入(年金など)以下の緑の部分

1003shuunyuu.png


非消費支出(保険料保険、など) 消費支出(基本消費、車、家賃など)

1004hishouhi.png




イベント資金(旅行etc、備考にはイベント費)

1005shouhi.png




色が付いているセル列に万円単位で値を設定します。


これで年ごとの収支が計算されます。



雇用延長?、アルバイト?、余裕資金などの増減をエクセル表で確認できます






①公的年金は?
②企業年金は?
③個人年金は?
④退職金は?
        定年にあと少しなので①~④は調べられました。


⑤健康保険料は?
        引越ししなければ①~③で概算できました
        
⑥税金の控除で考える条件は・・・・

  妻以外の扶養者対象はなく、
  同じところに住んでいて
  寿命が決まっていて
  寿命まで健康で
  年収が予想できる
   上の条件だけでもお互いの年齢によって控除額が違います。



なお、定年前からのライフプランシミュレーションはスガル銀行のホームページなどで、できました。


キャッシュフロー表の使用方法


最初に、表を作成する開始年と家族の生まれた年、
    貯金(万円)など、
    を黄色のセルに設定します。

1002chokin.png



収入の設定 年金などの収入を設定します。

1003shuunyuu.png


夫年金以外  アルバイト、など年金以外の収入予定を設定します。(税込み額を設定します。)


国民    国民年金保険での収入(税込み)を設定します、
     「ねんきんネット」の年金見込額試算 などで確認しました

      
厚生    上と同じ。(遺族年金額もここに設定します。)


加算    配偶者加算ができる場合は設定します。


終身、有機年金  企業年金、個人年金なども確認しました。(税込み額を設定します。)
         妻の公的年金、企業年金も同様に設定します。
         
         妻がパートなどをしている場合はここに税込み額をプラスします。



非消費支出

1004hishouhi.png


健康保険 
  総収入で住んでいる市区町村の健康保険金額を設定しました。
  
  ”市区町村の健康保険金額 計算”でwebを検索すると国民健康保険計算機というサイトがあります。
     
  会社の保険に継続加入する場合はその金額をいれます。
  
  
  継続加入と国民健康保険はどちらが得か、これも⑥の控除と同じような問題になります。



年金(国民年金保険額をいれます)
  原則として60歳になるまで納めます。
  
  会社員で妻が被扶養配偶だと、妻の年金は優遇制度が適用されています。

  夫が定年後は妻は60才になるまで国民年金保険料を自分で払う必要があります。
  
  40年満期で78万ぐらいもらえます。
  65歳までの任意加入制度があります。
  
  支払う国民年金保険額は一人で年間20万程度。

  個人的に支出している控除対象の保険支出がある場合はここに加算します。



消費支出

1004hishouhi.png

 
  一ケ月の予定基本消費支出を設定しました。
    食費、
    通信費、
    ガス水道電気、
    新聞、
    NHK、
    おこずかい、
    医療、
    教養娯楽
  などで2人で21万程度でしょうか?
  
車維持 
  年間での車維持費を設定。
  ガソリン代、自動車税、保険料。 
  車検代は2年で20万程度かな?
  
固定費 
  年間家賃(更新料)をいれます。
  実家に帰る場合は固定資産税金額をいれます。
  固定資産税の通知は毎年お知らせが来ますね。
  
旅行etc 
  年間の娯楽費などの余裕資金、
  元気な時は旅行費用で高齢になったらその時もかかるだろうし。
  年間30万?50万?100万?、
  
備考 
  備考には、車の購入費用、リフォーム費用、冠婚葬祭費などを入力しました。


何年まで設定するか?


    親の介護は親の年金、資産で行うのか?


    平均寿命は男性が約81歳、女性が87歳でしょうか?
    でも90と95ぐらいで考えたほうが良いでしょうか?


    エクセルでは46年分まで設定できる行があります。
    (印刷の時にA4に入る目一杯の行数)



    
    
    
次に
所得税、地方税
  手入力もできますが「所得税シート」で今まで設定した金額で計算できるようにしました。

1006zeikin_all.png




1009keisan1.png

計算行 
  所得税を計算させる「全体シート」の行をプルダウンで選択します。

  夫が60才の行は 5 です。
  
計算の対象 
  夫か妻をプルダウンで選択します。
  
配偶者控除 
  配偶者控除が使用できる場合は〇をプルダウンで選択します。
  
計算

 計算ボタンにより所得税、地方税が計算され「全体シート」にも設定されます。
   (注意)計算ボタンを押していくと次の行を計算していきます。
1010keisan2.png

以上でキャッシュフロー表は年ごとの収支が計算されます。


残額がマイナスにならないように余裕資金などを変更して検討します。





ダウンロード:Life plan.xlsx は明日ぐらいにUPします。

Microsoft Excel 2016 (最新)|オンラインコード版|Windows版

Microsoft Excel 2016 (最新)|オンラインコード版|Windows版

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: Software Download